デザイン+◯◯・デザイン×◯◯

ユニット制デザイン事務所、Uniが発信するあれこれ。

フリーランスデザイナーの妊活

f:id:uni-design:20190913185241j:plain

フリーランスデザイナーが妊活を始めるとどうなるのか?


現在ねこあしさんちは、34歳で1人目を妊活中
です。

一口に妊活と言っても何をしているのかは人それぞれなので、参考になるかどうかはわかりませんが、ここに記録としてフリーランスデザイナーの妊活について、今思えばこうしておけば良かったな、という反省点や、こうしておいたのは良かったということを、いくつか記事として残しておこうと思います。

まず、我々は結婚して4年、特に積極的に妊活しなきゃねという意識もなく、むしろ始めたばかりである自分の仕事の方を頑張らなくちゃと、家族計画についてはおろそかにし、気づけば私があっという間に34歳になっていました。

 


実年齢と体内年齢が違う…?
早めの受診を!

学校では教えてくれない不都合な真実……それは、女性は歳をとればとるほど妊娠できなくなる、という残酷な事実。

私はまだ34だし、周りにも40手前で妊娠している人がいるので、自分もまだまだ大丈夫だろうと呑気に構えていました。が。

今年の2月になってようやく「病院に行ってチェックしてもらおう」という話になり、検査をしてもらった結果は、「AMH(卵巣予備機能の目安となるホルモン値)が0.2」という、「この人まだ若いけどもうすぐ閉経しちゃうよぉ〜!」みたいな、なかなかに危機的な状態でした。

 

こりゃ悠長にはしていられない!ということで、タイミング療法なんぞはすっ飛ばし、人工授精も3回で切り上げ、いきなり顕微授精をすることに。

「体にやさしい自然な妊娠★なんてなまっちょろいことは言ってらんねえ!!!!!」


普通の人よりもタイムリミットが10年くらい早く来てしまう…と、いうことは「仕事が」とか「まだキャリアが…」とか言ってられません。「やるなら今しかない(もしかしたら手遅れかもしれない)」。そんな訳で妊活を本格化することになりました。

 

やはりお金はかかる…収支の見直しと貯蓄が大切
最初の検査にかかった費用は、旦那氏の分も含めて約8万円くらい。
採卵の時には20万円が一度に消えて行きました…しかも、とれた卵の数が少ないので次回も採卵!ということになり、それだけで50万円以上を使うことになります。

人工授精や検査のたびに削られる数千円から数万円の金額も、積もると結構な金額に。


フライヤー案件何件分だってんだよ!
やっぱり割とお金がかかるよ!!

どうにかこうにか、選挙関連のお仕事やウェブの案件があったお陰で纏って入金されていたお金や、ちょこちょこと貯めていた小銭を切り崩して検査や通院費用、薬代などをお支払い。

収入が不安定であるフリーランスだからこそ、いざという時のための貯蓄や、それなりに纏ったお金が貰えるようなボリュームのある案件を普段からなるべく獲得しておく必要性を痛感しました。

 

ブランディング抜きの名刺やチラシの単価は安ければ数千円〜5万円程度で引き受けている人が多いと思いますが、これではいくら片付けてもまともな貯蓄には繋がりません。15万、30万くらいは貰えるウェブデザインの仕事や、取材を伴う冊子作りなど、高単価で支出の少ない仕事を早い段階から確保できるようにしておきましょう。

 

各市町村や県から貰える助成金についてもしっかり貰っておきましょう。

 

 

スケジュール調整!取引先などに妊活を伝える
まだまだ妊活していることを人に話せない…という人が多いと思いますが、フリーランスは、自分で自分のスケジュールを調整しなくてはいけません。

妊活を始めると例えば「生理3日目に受診してください」とか「この薬を飲み終わったらまた受診してください」「もう来週採卵しましょう」というように、自分ではコントロールできない卵子の都合でスケジュールを動かすことになります。

 

また、卵管造影検査や採卵など、重い施術がある日は丸一日潰れます。根性なんかでは乗り切れませんし、そんな日にうっかり打ち合わせや入稿がバッティングしていたら大変です。ある程度の予測はつきますが、不測の事態も有り得ます。


雇われで働いている場合、直属の上司などに事前に相談したりする人が多いでしょうが、フリーランスには上司というものはいないので、主なクライアントさん達にそれとなく「今妊活で病院に通っているんです」と伝えておくことにしました。

万が一に備えて、同業者にも相談しておくことをお勧めします。「いざという時に案件を引き継いでくれる先を作っておく」ことが大切です。

 

 

合理的な病院選びをする!

そもそもの話ですが、こと妊活というと、医療行為であるにも関わらず、民間療法や漢方を使った体質改善、誤差の大きい基礎体温表、びっくりするものでは妊娠米や授かりパンツなど、あまり科学的でない迷信が広く蔓延しています。

 

なのに、現代の働く女性は、キャリアも家庭も生活も全てを追い求めてそこに妊活というものが加わってきます。時間がいくらあっても足りません。体質改善だ?そんな悠長な事やってられるかよ!!というのが本音です。

しかも、特にフリーランスで働いていると生活が不規則になりやすく、徹夜が続くこともあれば、頑張ったあとは一日中気絶するように寝ている、という事もあると思います。

そんな生活で(朝の寝起きに)基礎体温を測っても意味がありませんし、そもそも「毎日規則正しく朝起きられない」という人もいるでしょう。まあ、私のことなんですが…

 

今通っている病院は、そうした迷信や科学的・医学的にエビデンスのない事についてはお怒りになるくらい厳しいところなので、卵子の成長具合や排卵については、薬をバンバン使ってエコー検査をしながら制御してくれます。見込みが薄そうだと判断したら、タイミングを早期に切り上げて早いステップアップを提案し、検査の数値を元に的確に急かしてくれます。結果的に、時間的にも金額的にもロスが少なくて済みます。

 

もともとIT系やエンジニア、デザイナーなどフリーランスに多い仕事の人は調査や合理的・論理的な判断が得意な人が多いので、持ち前の調査スキルを活かして、自分で調べられることはしっかり調べ、迷信に振り回されることなく、数字を根拠にきちんとした病院を選びましょう。

 

 

パートナーにしっかり協力してもらう

例えば、フリーランスで不規則な生活をしている場合、お医者さんに処方される薬を、特定の時間に飲むというのも困難になります。「朝昼晩の食後に3回」と言われても、「そもそもその時間寝てるぜ???」みたいな事になったり、「起きられなかった!」ということもあり得ます。「急な打ち合わせで外出したはいいが、つい薬を持って行き忘れる」なんてこともあります。

前日に朝方遅くまで作業していたりすると、朝の8時に薬なんて飲めません。

 

そんなわけで、我が家の場合は、旦那氏に薬の管理をしてもらうことにしました。

旦那氏は朝は定時に起きるので、まだ寝ている私をうっすら起こして、口に薬と水をイン。きちんと飲み込んだのを見届け、そのまま出勤。私はそのまま寝続けることができる…!という算段。

 

そして、これもフリーランスあるあるだと思うのですが「作業に集中していると、今が何時なのかわからなくなる」こともしばしば…!

こちらは、旦那氏のスマホにアラートとスケジュールを入れておいてもらい、メールや電話でリマインドしてもらうことで飲み忘れを防いでいます。

急な打ち合わせ対策として「1回分ほどは確実に鞄や財布に入れっぱなしにしておく」という対処法も気をつけています。


そもそも(私の場合は)一般的な社会生活に不適合だからフリーランスをしているようなものです。

一般的な社会生活を前提としたカリキュラムなどこなせようはずもありません。

ADHD発達障害など何らかの障害がある訳ではありませんが、集中しすぎて気づいたら半日経っている、そもそも仕事中には食事をとることを忘れる、なんてことも多々あります

 

ちなみに、今これを書いている間も「どうせ言っても聞こえていないから」という理由で、投薬のために、菓子パンを旦那氏に横から咥えさせられました。

 

一般的な生活をしているパートナーの協力は不可欠です。

 

もし「相手もフリーランスなんだけど」ということであれば、誰か管理してくれる相手として、友人や知人に相談してみるのもいいかもしれません。

 

できない自己管理はアウトソーシングしてしまいましょう。無理なもんは無理。

 

お金払ってでもやってもらった方が間違いがありません。人に頼りましょう。

 

 

最後に

妊活をしている人の意見を見ると「自分の体は出来損ないなのではないかと思った」「何度やってもだめで自信を喪失した」「他の妊婦や家族が妬ましかった」など、様々なネガティブな意見が散見されます。確かに、お金を払い、努力をしても結果が出ないことは心理的にとても辛いことだと思います。

 

しかし、言ってしまえば「子供が授かるかどうかはコンペに通るかどうかと同じようなもん」だと思います。最善を尽くしても向こうの条件と合うかどうかはわからない。美しいものを作っても下手な奴にコネで負けることもある。

仕事だって、妊活だって、努力しても報われるかどうかはわかりません。

 

妊活で悩んでいる方にも、仕事に悩んでいる方にも両方に言えるのが、「絶対にあなたのせいではない」ということです。実力不足だったり、運が悪かったり、やり方を間違えている事もたくさんあるかもしれませんが、最終的には運が左右します。アウトプットが多ければそれだけアタリが引ける確率が上がるのと同様、妊活だって基本的には「数撃ちゃ当たる」の世界です。

 

うまくいくかどうかはわからない。けれど、挑戦していればうまくいくこともひょっとしたらあるかもしれない。

 

不安定だけど、楽しいフリーランス生活。

 

もし、フリーランスで妊活している同じような方がこれを見ていたら、妊活も同じように、未来はわからないけど、ぜひ楽しんで取り組んでください。

 

お互い頑張りましょう。

 

あと、とりあえず、大声で言っておきます。

 

筋トレしとけ!!!女子でも!!!
妊活と仕事は体力勝負だから!!!!ほんとに!!!!



筋肉は裏切らない………!!

 

 

明治 ザバス ホエイプロテイン100 ヨーグルト風味【50食分】1,050g

明治 ザバス ホエイプロテイン100 ヨーグルト風味【50食分】1,050g

 

 

 あ、ヨーグルト味がスッキリしてて飲みやすいです。個人的に。