読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デザイン+◯◯・デザイン×◯◯

ユニット制デザイン事務所、Uniが発信するあれこれ。

ドクター・ストレンジ見て来た!(※ネタバレ有)

MARVEL系の映画は殆ど見てると言って過言ではない状態なんですが、さっそく見てきました。ごりごりネタバレすると思うので、ネタバレが嫌な人はスクロールせず即座に帰ってください…

結論から言うとマント最高。


あらすじ(引用)
上から目線の天才外科医ドクター・ストレンジ。突然の交通事故により、神の手を失った彼を甦らせたのは─魔術。指導者エンシェント・ワンのもと、過酷な修行をかさね人智を超えた力を手にしたストレンジだったが、世界を破滅へと導く闇の魔術の存在を知ったとき、彼は壮絶な魔術の戦いに巻きこまれてゆく。しかし、“人を決して傷つけない”医者としての信念が、敵であってもその命を奪うことをためらわせる。彼は、いかにして闇の魔術に立ち向かい、人々の命を救うのか?ドクター・ストレンジにしかできない、常識も次元も超えた戦いが始まる。

予告編を前回のローグ・ワンの時に見て、とりあえずこれは3Dが映えるだろうなあ、というわけで3D IMAXにて観賞。109シネマズの最終回でしたが、客席はガラガラ。

まずのっけから、エラッそうなストレンジ先生…いい雰囲気な美女の女医さんとか出てくる。イケメンなオジ様には美女がいなくちゃね、うんうん。可愛いよ女医さん。それにしても医者シーンの尺が長いなあ、てか高級腕時計の収集はともかく回転させる意味あるのかよとか思ってたら…

事故った。
事故ったよ先生!!
歩きスマホが危険と言われて久しいですが、運転中に患者の資料スマホで見たらあかんて。そら事故るって。あとセキュリティ的にいいのかそれは

ガードレールを突き破って、何回も回転しながら大破する車。
両手とか顔とか怪我してたけど、フツー死ぬ。
どう考えてもあの落ち方命無いだろ!!
と突っ込みながらも「まあ、うん、映画だしね、絵的なね、見せ方とかね、うん、派手な方がね、」と納得させつつ次の展開を待つ。

謎のリハビリ師が教えてくれた奇跡の回復を遂げた男の情報をたよりに、男を捜すドクター。なんと主要な神経がくっちゃんくっちゃんになっていたはずの男が、元気にバスケをしているではないか!!!何が何でも話を聞かなくては!
冷たくあしらわれるも食い下がり、なんとかネパールにあるという何やら怪しげなまじないの集団がいる秘境へ旅立つ……

アジア人に紛れて…紛れてない!!超ういてる!!

案の定強盗に襲われるも、アサシンクリードのアサシンみたいな変な奴に助けられるドクター。こっちだとか言われて、導かれるまま教団本部のようなところへ。
助けてくれたアサシン魔術師に、「常識を捨てろ」とかなんとか言われながら、目の前の中華系のヒゲのおじいちゃんがきっと長老だろうと、一応かしこまって?ご挨拶をするドクター。しかして実はそのおじいちゃん、ただのモブでした。

実際の一番偉い魔術師は、美人なハゲ

エンシェント・ワンと呼ばれるお師匠。綺麗なんですけどね、頭剃ってますからね。
そしてドクターもさすが理系脳。
専門用語を並べて最高指導者相手にあれこれ質問しまくる。徹頭徹尾、最初からオカルトだろ東洋医学ですらないなんて、と意味が分からないもの扱い。信じる気なしのドクターに対し、のらりくらり話すエンシェント・ワン。業を煮やして詰め寄ったドクターに、気功っぽい動きでいきなり掌底突き。

え、初対面ですよ?

すると、体から幽体(アストラル体)が引き剝がれて、大宇宙と言うか多次元世界の中をジェットコースターのように引きずり回され、わけのわからんままに超体験を無理矢理させられるドクター。

もう一度言いますけど、初対面ですよ?
確かに詰め寄ったのは悪かったと思うけど、ちょっと厳し過ぎませんかね??
ショック死しそうなんですけど??

そこまで知って、ドクターも「こんな世界があるならばこの手も治るかも…!」と態度を一転、弟子入りを志願。うんうん、今までから心を入れ替えるんだろうね!これで魔術師に…!と期待したら、

断られた。荷物も外にポイ。
しかしそこは天才外科医になるほどの人物、ただじゃ引き下がりません。

扉の前でひたすら5時間拝み倒すドクター。

まあね…うん…忍耐って大事だよね。

で、結局師匠が折れて修行が始まるわけですが、周りと違って訓練もしてないドクターが、昨日今日で色々やれるはずもなく。周りの生徒が余裕でテレポート用の穴を目の前に作り上げる中、パチパチとなにか弾けるばかりで全然ダメなドクター。見よう見まねで動きだけ真似してみるも、空中にはしょぼい火花がパチパチするだけ

やれやれ、ってことでお師匠がまた大ハッスル。

エベレストに置き去りにされる。

だからスパルタ過ぎないかそれ?ブラック企業かよ!!
「30分で人間は死ぬ、あなたは2分で死にそうねwww」
とか言って自分だけ戻る師匠。鬼かよ!!!!

無事?戻って来たドクター、凍りかけてますよ!!!


ま、そんなこんなで、施設にある図書館とか、よくある瞬間画像記憶能力なんかを利用してどんどん色々できるようになったドクター。不老長寿を望んでいる危なっかしい見た目のダークサイドな感じの敵とか出てくるわけですが、その辺はまあいつものマーヴェル。

途中出てくるマントが可愛いんですよ!!!
自由に動くし、主人公の戦闘助けてくれるし、ふよふよ浮いてるし、賢いし、ちょっと間抜けなんだけどでもそこがいい…!MVPはおまえだ、マント。


え?ラスボス?
拝み倒されて帰ったよ。

色々と突っ込みどころは満載でしたが(指のリング落としたら瞬間移動できないって、魔術としてちょっと抜けすぎてないかとか、時間操れるんならそこどうにかしちゃいなよとか、ラスボスその倒し方でいいのか!とか、何シレっとソー出てるんだとか、無限ビールとか最高だなとか、何でそもそもロキなんかニューヨークに連れて来たんだとちょっとおこなドクターに同情したりとか、ほかにも色々)総合としては結構面白かったです。

突っ込みどころについては、深く考えずにポップコーンをコーラで流し込みながらウェーイwwwwって見るべき。


とりあえず次はガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2を見に行こうと思います。
アイ・アム・グルゥゥゥウウウト!!!!!(さよなら〜)